周辺観光|千葉県市原市 養老渓谷温泉卿 温泉旅館 鶴乃家

周辺観光

周辺のおすすめ観光スポット

養老山 立國寺(出世観音)

石橋山の戦いに敗れた源頼朝が、再起をかけて祈願したと言われているお寺です。後に、頼朝が鎌倉幕府を開いたことから「出世観音」と呼ばれるようになりました。「開運招福の観音様」、「祈祷の名刹」として、多くの人々に親しまれています。

粟又の滝

全長約100m、落差30mの穏やかな滝で、別名を「養老の滝」と言います。周囲の鮮やかな緑が滝と調和して、より一層美しい景色を見せています。紅葉の名所としても有名で、例年の見頃は、11月下旬から12月上旬です。

弘文洞跡

およそ140年前に農地開拓の為に造られたトンネルの跡です。昭和54年に天井部分が崩壊してしまいましたが、それでも川を挟んだ2つの岩壁は美しく、養老渓谷を代表する観光スポットとなっています。

大多喜城

上総大多喜城本丸跡に建てられた歴史博物館で、正式名称は「千葉県立中央博物館大多喜城分館」です。房総の城と城下町をテーマに、武器や武具、衣裳、城下町の生活などに関する資料などを展示しています。

いすみ鉄道

毎年3月中旬から4月中旬にかけて、約15kmの沿線を菜の花が埋め尽くします。ほぼ全線にわたり菜の花が咲いていており、まるで黄色く彩られた菜の花畑を列車が走っているかのようです。車窓から早春の風景を満喫しながらの旅はいかがでしょうか。

麻綿原高原

標高340mにある高原で、天拝園を中心に、約2万株の日本アジサイの大群生を見ることができます。高原一帯に咲き誇る光景は、まさに壮麗です。開花は平地より遅く、例年7月上旬から下旬が見頃となります。

宿泊なプラン検索

お気軽にお問い合わせください

ページの先頭へ